スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
AIR 雨宮FC3S製作記(その28)
今日でついに・・

ずーっと思っていたんですけど、キット付属のアルミホイールが
いまいち気に入ってませんでした(^^;)
なのでジャンクパーツをごそごそと探して・・
air63
エンケイの18インチホイールが出てきました。
やっぱりこういう足の長い5本スポークが合っている気がします。

air64
で、いつものクレオス8番シルバーを吹いて完了。
いかにもスポーツカーのホイールって感じでカッコいいね!


そして、「すべてのパーツを付けるぜ!」
と思ったらドアミラーのミラー面のパーツがありません!
どうやら紛失したみたいです(´▽`)・・・トホホ

なのでアルミテープを適当に切って台紙ごとGPクリアーで接着しました。
air65
多少隙間がありますが、このままいっちゃいます。


そして今度こそ感動の・・

「ゴ~ル・・。」

air66
かっこえぇ!

air67
リアもかっこえぇ・・。

今回はサイドステップやサイドモール、リトラパーツなど
ボディの後付けパーツで悩まされましたが
完成したらとてもカッコよくて苦労も吹き飛んでしまいました(^o^)/


明日は屋外撮影した完成写真を載せますのでお楽しみに~。
スポンサーサイト
2010/05/01 | AIR 雨宮FC3S | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
AIR 雨宮FC3S製作記(その27)
今日も小物を仕上げていきましょう!

air60
まずはフロントのナンバープレートをプラ版の0.3mmでつくり
デカールを貼りました。キットのものではどうしても分厚いですからね。

air61
あとはフロントのクリアーパーツ達を。
いつものようにパーツのフチにはグレーを塗ってプラっぽさを無くす効果を。

参考にFCの実車カタログを見ると、車幅灯(一番上)は
透明度100パーセントでは無くて、ちょっと曇った感じのパーツです。
なので、2000番のペーパーを表面にかけてあえて曇らせてみました。

ウインカーは着色済みのオレンジですが、
いつもキットのままだとオレンジが薄いなと思い再度オレンジを塗っていましたが
今回のFCではその薄さがちょうど良い具合でした(むしろまだ濃いぐらい?)

フォグランプ(一番下)は実車はイエローバルブなので
ボディの方にクリアーイエローでドライブラシをして、ぼかし塗装にて表現しましょう。


それらをすべて接着すると・・
air62
こんな感じになりました。

車幅灯はもっと番号の大きいペーパーでかけても良かったかも・・。
フォグランプのイエローは画像では暗くて見にくいですが
まあまあ良い感じに仕上がりましたよ。


さあ、あとはウインドウパーツやドアミラーやワイパーなどを接着するのみ。
いよいよ明日完成ですよ!
2010/04/30 | AIR 雨宮FC3S | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
AIR 雨宮FC3S製作記(その26)
今日から小物に手をつけてスパートかけていきましょう。

まずはリアのブレーキライトから。

air57
キットの状態はクリアーレッドのパーツとなっています。
ライト廻りは黒で縁取りがされているので、それを再現しましょう。

このパーツのように凹みや角がキッチリとモールドされているので
マジック(ガンダムマーカー極細)で境界線のラインを引いておきます。
筆塗りよりマジックの方が直線がキレイに引けますからね。
そしてラインからはみ出さないように油性の黒マジックで縁取りを塗りつぶしました。

air58
塗りました~。この後はバックランプやウインカーレンズを取り付けます。


その他には、後期型の特徴のハイマウントストップランプを作りましょう。
このキットには残念ながらそれが再現されていないんですよね。
既に下地段階でボディに穴は開けてあるので、
クリアーレッドのランナーのタブを使ってパーツの方を作ります

air59
出来ました~。削ってはボディの穴に合わせ、削っては穴に合わせの繰り返しで
ようやくピッタリ納まる大きさになりました(^^)/


さあ、いよいよ完成が近づいてきましたよ!
2010/04/29 | AIR 雨宮FC3S | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
AIR 雨宮FC3S製作記(その25)
ボディの研ぎだしも完了したので、細かい所を仕上げていきましょう。

まずはフロントのサイドウインカーのクリアーオレンジを出してあげます。
air54
マスキングテープを四方に貼ってから
ラッカーシンナーを含ませた綿棒で塗装を落とします。

air55
出来ました~。だいたい上手くいきましたね。
(反対側はちょっと失敗しちゃった)


あとはボディの溝にスミ入れをして、ウインドウのフチを黒で塗りました。
air56
ビシッと引き締まりましたね!
スミ入れはいつものように、エナメルの薄~いオリジナルグレーです。

ウインドウのフチは今回もエナメルのセミグロスブラックを筆塗りで仕上げました。
エナメルなので乾燥すれば表面もムラにならないし、
はみ出たらシンナーで拭き取れば良いしね。
マスキングテープを貼ってデカールを持っていかれる不安でビクビクするよりは
こっちの方が安心できる気がします。


明日は小物を仕上げますよ~。
2010/04/28 | AIR 雨宮FC3S | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
AIR 雨宮FC3S製作記(その24)
さて、AIR FCの方は先週の土日にボディの研ぎだしをしましたよ。

air52
相変わらず効果が非常に分かり辛い写真ですが。

今回は中研ぎが良かったのかデカールの段差がそれ程ありませんでした。
なのでペーパーは1500番をかけた後に2000番をかけました。

で、いつものようにタミヤコンパウンドの3種類を順番に使いフィニッシュです。
しかし、このFCはサイドモールがある関係でペーパーにしてもコンパウンドにしても
上半分と下半分に作業が分かれてしまうんですよね。
ですので結構手間が掛かり大変でした。その代わりボンネットは楽だった~。


ここでボディ表面の状態を(研ぎだしチェック担当)の「なのはさん」に見てもらいましょう。
air53
今回もバッチリお顔が映り込んでいますね(^^)


ついにメインイベントの研ぎだしも完了したので残るは小物のみです。
今週中には完成させちゃいますよ!
2010/04/27 | AIR 雨宮FC3S | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。