きゅんキャラを改造して東郷さんを作ったよ
「結城結奈は勇者である」のキャラソン決定や新プロジェクトの発表など
私がタミヤのZ34を東郷さん仕様としたのが影響して本家が動きだしたようですね。

って私の作品は全く関係ないと思いますが(^^;)新たな動きがあるのは嬉しいです!

さて、車のほうが完成しましたので
最近のお約束、ぷちキャラを一緒に並べましょう!
ただ、東郷さんの立体化ままだなされていないので自作しかありません。
自作は去年のラブライブ!絢瀬絵里やハナヤマタ常磐真智でやっていますので
今回も大丈夫でしょうと思いリサイクルショップでそれっぽいキャラを買ってきました。

CIMG1196.jpg
100円とか200円の安いもんばかり。
あずにゃんのロンドンバージョンが座っているポーズなのでそれをベースに。
あとは髪や顔の表情が使えそうな感じのものを買いました。


CIMG1197.jpg
髪は束ねて前に出してあるので、ロングヘアーをカットして修正。
前髪もカットしてパテで埋めていきます。
この辺は設定資料を見ながら進めましょう。


CIMG1199.jpg
ボディも進めます。あずにゃんはコート&ブーツだったので
ざっくりとカットして、このあと制服になるようにパテを盛っていきます。

この時はまだ車椅子を自作出来ると信じていたので
座った状態と右手も車椅子の肘あてに置く状態にしたのですが
結局車椅子は難易度が高くて断念することになるのでした・・。

CIMG1201.jpg
そしてリボンをプラ板で作り全体を塗装して完成です!

今回の顔は多分アクセルワールドのスカイレイカーさんの表情ほぼそのままです。
(最初の画像の右下)書き直そうかと思ったんだけど、設定画を見ると結構似てたので。


車椅子は作れませんでしたが、東郷さん本人は完成できましたので良しとしましょう。
毎回思いますが、市販されてないキャラを自分で作り上げる楽しみは格別です!
本当はもっといろんなキャラを作ってみたいんだけど、それはそれでなかなか大変やんね。


次回は東郷さんZ34の最終回として撮影ブース(お手軽自作品)にて
完成写真を撮りましょう〜。
スポンサーサイト
2015/06/14 | 東郷さんZ34 | コメント(-) | トラックバック(0) | page top↑
東郷さんZ34完成!
静岡ホビーショーがもう先月なんですね・・。時間経つの早いわ〜。

今回は合同展示会でお披露目しました
東郷さんZ34の完成までを報告しておきましょう。
・・といっても研ぎだし完了してからは一気に作ったので
ほとんど写真撮ってないんですよね・・。

CIMG1166.jpg
メンドクサイ窓ワクマスキングをちまちまやって
セミグロスブラックの缶スプレーを吹きました。

Zはそれほど黒の箇所が多くないのでまだ楽でしたが
やっぱりメンドクサイわ〜。

このときにようやく自作のサイドステップとリアアンダーリップを接着しました。
エアロパーツを付けると安定感が出てカッコいいっすね。


CIMG1167.jpg
その代わりウインドウの黒部分は
窓ワクシートが付いているのでほんと楽チンです。


CIMG1186.jpg
そして小物を装着していきます。
・・がクリアー塗装をたっぷりと吹いたボディにクリアーパーツがハマりません!
さすがタミヤの精度の高さが逆にトラップとなりました。

干渉していると思われる箇所をヤスリで削ってはピタッと合わせるの繰り返しです。
何度もトライしてようやくフィットするようになりました。
ちなみにライトパーツについているはめ込み用凸はカットしています。
そんなん必要ないくらいピッタリはまっているんで。

CIMG1187.jpg
リアよりも大変だったのはフロントの方でした・・。
こっちの方がボンネットにデカールを貼っている関係で
クリアーの量が多分多かったのでしょう。全くライトパーツがハマりません。

もう何度も何度も何度も削ってはピタッの繰り返しでした・・。

で、30分くらい格闘してようやく合うようになりました。
仮組の時に少しパーツを削っておいたのですが効果ナシでしたね。

もう削る作業で疲れ果ててボディに接着した後にふとデカール用紙を見たら
ブーメラン状のデカールをクリアーパーツの裏に貼らなければいけなかった・・。
も、もうやらなくていいよね。

ちなみにヘッドライトのメッキパーツはそのままだとちょっと軽い印象だったので
エナメルのスモークを全体にうっすら塗って少しワイルドにしています。


そしてドアミラーや小さいものを付けて完成です!Zカッコいい〜!
CIMG1193.jpg
タミヤ製品なので製作に関しては全く問題なしでサクサク作れますが
ライトのクリアーパーツだけが難儀な作業でしたね。

デカールもレーザープリンターでの自作作業も慣れてきて
クリアーコートでもトラブル無く進みましたし。

あと東郷さんが可愛いです。←なんじゃそりゃ



車体が完成!ということはお次はぷちキャラの出番〜?
2015/06/07 | 東郷さんZ34 | コメント(-) | トラックバック(0) | page top↑
GWはインドアしまくりやね
私もようやく今日から休みに入りました。
この休みの間にプラモ製作を進めたいものですね。


その進めたい一つの東郷さんZ34。
ちなみに東名高速道路のサービスエリアに「東郷」という所があり
そこで私は必ず休憩しています(どうでもいい情報)

で、今回は内装が完成しました!
CIMG1158_201505022131206cc.jpg
キットをストレート組みで
いつものようにシートベルトアンカーを角プラ棒で作ったのみ。
作ったといっても赤と黒で塗っただけですが・・。


CIMG1157_20150502213118706.jpg
細かい箇所をシルバーで塗って完了。
ダッシュボードの3連メーターのデカールを貼ったのに
いつの間にか無くなっていました(涙)どこにいってしまったの?


そしてボディの方はめんどいウインドウ縁の黒塗装を済ませました。
CIMG1166.jpg
ちまちまとマスキング作業をして
シューッとものの数分でスプレーして完了。
なんともいえない気分ですね(^^;)

そしてミゾに薄〜いグレーのスミ入れもしました。
ボディが白でのスミ入れはほんとに薄いグレーじゃないとキツくなるので
注意が必要です。グレー?白?どっち?くらいの色合いでちょうど良い感じ。


もうここまできたら小物パーツを取り付けて完成です。
次回で完成すると・・思います。
2015/05/03 | 東郷さんZ34 | コメント(-) | トラックバック(0) | page top↑
東郷さんツヤツヤやん
最近は暖かくなりましたね〜。
もうすぐGWなんでインドアしまくりです!(そっちかよ)


今回は東郷さんZ34の研ぎだし作業をしました。
CIMG1154.jpg
まずはたっぷりと吹いたクリアー層をペーパーでつや消しにします。
ここでツヤが残っている箇所は行き届いていないので、
そういった箇所がないようにしましょう。

で、カド出しには十分注意しないといけません。
カドはほんと撫でるくらいにサッとね。

ペーパーの番号は私は最初に1200番を使い、次に2000番を使ってます。
既に中研ぎでデカールの段差は消してあるのでこれくらいでOKです。


そして次にいつもの頼れるラプロスさんです。
CIMG1160.jpg
6000番で全体を磨きます。これでもかってくらいじっくりと磨きます(^^)
この6000番で結構ツヤが出ていますが
細かい磨きキズが残りますので8000で仕上げます。

休日昼下がりのカーテンがボディに映り込んでいます。
うーん良いツヤだ(わかりにくいですが・・)


これでボディの研ぎだしが完了しましたので
あとは難儀な作業のウインドウフチと内装、そして細かいパーツ。
ゴールが見えてきましたよ。
2015/04/26 | 東郷さんZ34 | コメント(-) | トラックバック(0) | page top↑
東郷さんにクリアーをたっぷりとね
先週で全ての冬アニメが終わりましたので残りの2作品を

アイドルマスターシンデレラガールズ・・とても良かったです!
毎話ユニット毎の話が楽しくてグッドでした。
最後のアイドルフェスでは新田さんが・・。

ガンダムビルドファイターズトライ・・最後の方はちょっと飽きてきましたが。
結局セカイ君はセイ君が作ったガンプラで勝ち続けたというのが腑に落ちないような。
けどあの作品中のガンプラって素組にしか見えないんだけど(^^;)


そして毎回恒例の・・
誰も聞いていないであろうお姉さん&お嬢様キャラ好きな私がおくる
「冬アニメキャラNo.1」はアイドルマスターシンデレラガールズの「新田美波」さんです!
とっても落ち着いた雰囲気でみんなのリーダーとなって引っ張ってくれました。
でも責任感が強すぎてフェスの本番直前に熱でダウンしてしまいショック・・。

また夏の2ndシーズンで会えるので楽しみ〜。
(今度こそは水着回あるかな?)



さて先週は突然寒くなったり雨が降ったりと春らしくない天候で
あまり模型の方は進みませんでした。

ですが内装のベース塗装は済ませましたよ。
CIMG1150.jpg
いつものシートはラバーブラックで、内装はガンシップグレイです。
この後はこまかいアクセントのシルバーやらを塗って内装をささっと完成させましょう。


ボディの方は最近いつも行っている中研ぎも完了させて
最後のクリアーコートをたっぷり吹いて乾燥待ちの状態です。
CIMG1151.jpg
最近は中研ぎ段階でデカールの段差をしっかりと消しておくのがセオリーです。

これは研ぎだしの直前に段差を消したと思っても後で復活することがあるので
中研ぎ段階で段差を消して仕上げクリアーをした方が安全だと思うからです。
まあカド出しには十分注意ですが・・。



ボディは数週間乾燥(放置)させて研ぎだし作業に入りましょう。
その間にランエリXの方も色々と進めておきますよ。
2015/04/12 | 東郷さんZ34 | コメント(-) | トラックバック(0) | page top↑