スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
ラブライブ!マクラーレンMP4-12C
フジミより発売された「みんなで叶える物語!」
ラブライブ!マクラーレンMP4-12Cです。

CIMG3873.jpg
最初はデカールのあまりの多さにビビってしまい買うのを躊躇していましたが
発売されても店頭に無くて「買い損ねたか。」と思い
慌てて売っている店を見つけて購入しました。

CIMG3895.jpg

CIMG3896.jpg

作り始めて思ったのはドアを中心に別パーツなので
その辺のチリ合わせがメンドイのと、ボディ形状が複雑で
下地処理ですら大変でしたね。

CIMG3890.jpg

CIMG3892.jpg

そして肝心のデカールはやはり枚数が多いのでかなりの時間が必要でした。

ただとても貼り易い素材で、しかもちゃんとボディに馴染むので
とても気分良く作業できました。

けど白い部分もデカールだとは思いませんでしたね・・。


ちなみに発売後にデカールのミスが発覚したため
サービスで間違えてたデカールのみを送ってくれる対応がありました。

けど完成すると間違いが全然わからんような。

CIMG3889.jpg

CIMG3887.jpg
今回追加した箇所はシートベルトが紫ということが判明したので
マスキングテープを紫に塗ってオリジナルで作りました。

あとフロントスポイラーが足りてないのでエヴァマクラーレンに付いている
エッチングパーツの抜け殻を型紙にしてプラ版で追加しました(吊り材も)
CIMG3884.jpg

CIMG3888.jpg
大変なイメージしかないキットですが完成すると
とてもカッコ良く、そしてμ'sがカワイイです(#^.^#)

CIMG3897.jpg
スポンサーサイト
2016/12/04 | 痛車プラモ展示室 | コメント(-) | トラックバック(0) | page top↑
アオシマ ニパコペン
今年は「ミクSLS」と「ガルパンシルビア」と
ちょっとハードな物が続いたので息抜きとしてアオシマコペンを製作しました。

コペンのキットは今回で4台目なのでサクッと進めます。
バンパーとボディとの隙間が窮屈なのでそこを溝彫りしたり
ボディよりはみ出している面を揃えたりしました。
あとヘッドライト内のディテールアップとしてウェーブのHアイズを組込んでます。

デカールはハイキューパーツより発売されている「ニパ子」を使用してます。
ただ、私自身がニパ子に思い入れが無い為に貼っていて作業的になってしまいました。
やっぱキャラデカールを貼るには「愛」が無いとダメですね←キモい

ホイールはボルクレーシングのTE37を買ってきて
サス側とホイール側を改造して無理矢理装着です。
そしてセンターストライプをブルーで入れてレーシーな感じにしています。

ちょうどニパ子の白と青がホイールやボディの色とマッチしていて、とてもイイ感じになりました。


CIMG3412.jpg

CIMG3420.jpg

CIMG3421.jpg

CIMG3425.jpg

CIMG3430.jpg

CIMG3431.jpg

CIMG3433.jpg

CIMG3435.jpg

CIMG3434.jpg

やっぱコペン(初代)は実車もキットも癒されますね。
良い息抜きになりましたので、また次はハードな物にトライします(#^.^#)
2016/09/18 | 痛車プラモ展示室 | コメント(-) | トラックバック(0) | page top↑
D1ガルパンS14シルビア
プラッツより発売されたD1シルビアの中身は
昔発売されたフジミのS14シルビアでした。あちゃー。

レジン製のGTウイングとステーのエッチング以外はD1要素がどこにも無く
エアロバンパーとサイドステップが付いているのみ。
よってエアロパーツは全て自作して完成させました・・。
多少なんちゃっての所もありますが、それなりのイメージは出せたかなと思います。
詳しくは製作記の方を見て下さいね。

デカールはカルトグラフ製ということらしく、質感も良くとても貼り易かったのですが
サイズが合ってないとか印刷し忘れで別紙で封入されてるとか
詰めが甘い箇所もありちょっと残念でしたね。

静岡ホビーショーでの合同作品展にも出品し、皆さんにも好評でとても嬉しく思いました・・。

CIMG3058.jpg

CIMG3071.jpg

CIMG3069.jpg

CIMG3068.jpg

CIMG3066.jpg

CIMG3055.jpg

CIMG3067.jpg

CIMG3053.jpg

CIMG3049.jpg

CIMG3044.jpg

苦労して完成すれば良い思いでとなり、作品も愛おしくなります。
間違いなく2016年上半期の色んな意味でのベスト作品となりました。
2016/07/03 | 痛車プラモ展示室 | コメント(-) | トラックバック(0) | page top↑
フジミ なのは&フェイト インプレッサ
年末にかけて製作していた新生フジミ第一弾のインプレッサです。

このキットは数年前に発売された物ですが、
それ以前のフジミクオリティとは比べ物にならない素晴らしい出来と
ネットで話題騒然となりましたね。
私も気にはなっていましたが、何となーく未購入でした・・。
そんな中、地元のジョーシンキッズランドで安く売っていたので(35%オフ)
早速購入して製作してみました。

デカールの方はグッドスマイルカンパニーより発売された
劇場版なのはの「なのは」と「フェイト」を使いました。
グッスマデカールはしばらく買っていませんでしたが
その間にいろいろと品種改良もされているとの事なので
早速購入してみました(まぁ、なのは好きとしては買っておかなければね)

inp90
とにかくスタイリングがカッコいいです。
過去のフジミキットにありがちな「コレじゃない感」が見られず
実車のインプレッサを忠実に再現していますね。素晴らしい!

inp91
キットの方はミゾもかっちりとしています。
とりたてて修正する所も無くサクサクと進められました。
「コレはタミヤキットなのか?」
と思える程のシャープさ&パーツ精度です。やるね~!

inp92
そんな中でホイールがちょっと小さい印象だったので
ジャンクパーツの中から適当な物を持ってきて変更しました。
あとは、フロントリップスポイラーをアオシマFDの物を加工して付けています。
(最後の最後でこちら側のフロントバンパーとボディの接着が外れた・・)

inp93
グッスマのデカールを使ってみては、ちょっと不思議な感じでした。
素材がビニールテープみたいに「びよ~ん」と伸びるので
アオシマデカールのようにピリピリ破れることは殆どありませんでした。

固さはペラペラではなく、フジミデカールほど固くはない。
曲面にもセッターや蒸しタオル等を使えば馴染ませられます。

ちなみにスバルマークは、キット付属の物の再現度が今イチだったので
自作デカールに変更しました。

inp94
パーツクオリティの凄さは内装も当然のように及んでいて
非常に再現度の高い物になっています。
今回は余分に手を加える事無くストレート組みで完成させました。

あのひどかったRX-8の内装と同じ会社とはとても思えない出来です(^^;)
当然中の人が違うんだろうけど。

inp95
とても素晴らしい出来のフジミのインプレッサでした。
このキットからフジミキットは、
クオリティが格段にアップした商品になっています。
こういうキットは作っていて、とても楽しいものですね。

最近はアオシマも新金型キットではきっちりした商品を出しているので
この調子で全てのメーカーがどんどん良くなっていってほしいですね。


それにしても「なのは」は良いなぁ(´▽`)えへへー。

明日はブログお休みしまーす。
2011/01/14 | 痛車プラモ展示室 | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
フジミ とある魔術のインテグラ
お金をかけないでサクッとカッコいい物を作ろう!
をキーワードにしてフジミの「インテグラタイプR」に、
アオシマの痛車デカールシリーズ「とある魔術の禁書目録」を貼付けました。
これは全部手元に有ったものなんですね。

※いつもの長文なので注意ね。

ti1
キットの方は、ARIAインテグラのボディだけ残っていましたので
そちらを使用しています(デカールはアバルト500に使って放置中)
以前からインテグラはネット等で皆さんの完成品を見て
フジミにしてはスタイリング悪くないなぁという印象を持っていました。
そして実際に作ってみると、サクッと組めてスタイル上々という
なかなかの良キットでしたよ。

ti2
このキットの問題点は、ヘッドライトの造形がボディ一体で今イチな所と
グラベルラリーに参戦するような高い車高ではないでしょうか。

ヘッドライトは四角いライトの箇所にハセガワのミラーフィニッシュを貼り
デザインナイフで切り込みを入れてリフレクターの表現を。
プロジェクター部は百円均一で買ってきたビーズ用ストラップの
丸いパイプを使用して再現しています。

難しい事はしていませんが、これで実車のイメージに近づいたと思っています。

ti3
異様な高さの車高は、サスペンション部をかなり大胆にカットして下げました。
大体3mm~4mmぐらいカットしています。
ちょっと切りすぎたか?と思いましたが、はめてみると丁度良い高さに
フジミさん出荷前にこのキット作ってますか~?(^^;)

ちなみにホイールはジャンクパーツからGCインプレッサ(多分)の物に変更しています。

ti4
デカールは以前「美琴マーチ」を作った時に美琴を使ったので
残っているインデックスの方を使っています。
これは透けるデカールなので重なった所はカットしました。

その他「2ZIGEN」や「禁書改」などのロゴはミラクルデカールにて自作です。
私は今回始めてミラクルデカールを使いましたが
貼るときにちょっとクセがありますが、印刷もキレイですし
デカールとの境界線も分かりにくい等、結構良い感じだと思いました。
そのうち大判デカールにも挑戦してみたいです。

ti5
内装は今回ストレート組みで痛い小物は置きません(置けません)でした。
展示会に間に合わせる為にタイムオーバーに・・。

ti6
フジミのインテグラは「今更何故?」のキットなんですが
私は作るのが始めてで、印象としてはかなり好印象でした。
バンパーもボディ一体だったので手間な作業も無く、
パーツ数も少ない為サクサクと進められました。
たまにはこういうパッパッと組めるキットも良いものですね!

インデックスも2期ではかなり活躍してるし良かった良かった(^^)
2010/11/15 | 痛車プラモ展示室 | コメント(8) | トラックバック(0) | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。