HGガンダムVer.G30th完成しました
ガンプラファンの皆さんこん○○わ(^^)

発売と同時に購入したHGガンダムVer.G30thがようやく完成しました!

hg1
か、かっこえぇ(´□`)

お台場ガンダムを見に行ってから、ちょっとずつ進めていってようやく完成。
ブレードアンテナをシャープにしたぐらいで、後はストレート組です。
今のHGは初期のグフやズゴックに比べたらパーツが多いですね。自分にはこれ位が限度かな。
こりゃMGは途中放棄するに違いないわ。

hg2

カラーはガイアカラーのホワイト、タミヤのイタリアンレッド、ガンダムカラーのブルーと各メーカーの競演となっております(^^;)要は手持ちのカラーで塗った・・。
モールドにはかなり白に近いライトグレーをスミ入れして、水性トップコートの半つやで全体を仕上げました。

hg3

肩のEFSFやコーションマークはガンダムデカールMGのF91用を使用しました。
ちょうど大きさが合っていたので、お台場ガンダムの写真を参考にそれらしく貼っています。


私はカープラモがメインなんですが、年に2・3個はガンプラやキャラ物が作りたくなるんです。
それぞれのジャンルで発見や感動があってとても楽しいでーす!


スポンサーサイト
2009/10/01 | ガンダム | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
お台場ガンダム見て来ました
みなさんお久しぶりです。お盆休みはどうでしたか?
私はこの休みに東京のお台場へ行ってきました。
目的はあの1/1ガンダムを生で見るためです。

しかし、とにかくもの凄い人人人でした・・。
新幹線は普通に席が取れて、空席があるくらい(なーんだ空いてるじゃん)
東京に着き新橋駅からゆりかもめで行ったのですが、3分に1本出る電車なのに入場規制されていて、駅の外にも人があふれていましたよ(うわぁ何時乗れるんだよ・・)

ようやくゆりかもめに乗れて中から道路を見てみると、車の方もお台場に行くのに渋滞で、殆ど動いていませんでした。
その日お台場ではフジテレビのイベントとガンダム、あとビッグサイトではコミケもあったりとイベント三昧でしたからね。

さあそれではお待ちかね!ガンダムの写真いってみましょう!!
gun1

どどーん!右下のスタッフの人との大きさに注目!

gun2
で、でけーーっ!!

gun3
か、かっこええーーーっ!!

gun4
ミスト噴射!

gun5
現実か幻か分からなくなる写真

ガンダムの間接部のディテールが、本当に動き出しそうなリアルさが素敵でした。
あと各部にマーキングが施してあって、兵器であることを感じます(こんな派手な兵器は無いけど)
これはガンプラ製作にもとても役に立ちそうです。


いや~、本当に行って良かったです!!
もう感動して夢中でシャッターを切っていましたよ(100枚ぐらい撮った)
展示は今月末までとなっていて、今後はどうなるのか未定だそうですが
是非また別の場所で永久保存してほしいですね。

PS.二日間東京に居ましたが、二日ともガンダム見に行ってしまいました(^^;)
2009/08/18 | ガンダム | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ガンダムイベントに行ってきました(その4)
いよいよガンダムイベントのレポートも今日で最後ですよ。

これから始まるのは「GUNDAM SONGS フェスティバル」と題したライブステージです。
ガンダムに縁のあるアーティストが集まって、もの凄く盛り上がりました!!

曲順はというと・・

1、跳べ!ガンダム(全員)
2、砂の十字架(TOPGUN)
3、哀戦士(及川光博)
4、めぐりあい(TOPGUN・MIQ)
5、MEN OF DESTINY(MIQ)
6、アニメじゃない(新井正人)
7、Z・刻をこえて(鮎川麻弥)
8、水の星へ愛をこめて(森口博子)
9、ETERANAL WIND(森口博子)
10、永遠にアムロ(全員)

どうです!曲とメンバーを見ただけで興奮してきませんか?

ちなみにTOPGUNは、リンドバーグの川添智久さん率いるバンドです。
川添さんといえばVガンを歌ってましたね。

ミッチーの哀戦士はもうノリノリで本人も会場も大盛り上がりでしたよ。

あとMIQとはMIOさんです(改名したらしい)ザブングル、ダンバイン、エルガイムと
あの頃の日本サンライズの作品といえば、この人ですよね。
相変わらずパワフルなヴォーカルは健在でした。

健在といえば鮎川麻弥さん。たぶん結構なお歳だと思うんですが(失礼)お綺麗でした。
澄んだお声も当時のままでしたよ。

森口博子さんの2曲は神曲と言ってもいいでしょう。
今ではアイドルやアーティストが、アニメの曲を歌うのは普通ですが
当時アイドルが、しかもロボットアニメの曲を歌うのは珍しかったものです(しかもニール・セダカだよ)

最後は全員で永遠にアムロの合唱で終了。
ステージの模様は大型ビジョンに映し出されるので、後ろの方の席でも顔の表情もバッチリ見えます
で、曲の最中にメーテレが編集した、その作品の名シーン集みたいな物を流していて
それが結構いい感じで曲とリンクされていて、とてもカッコ良かったです。


今回のガンダムイベントは本当に楽しかったです。
ゲストが本当に豪華で(前日は富野監督やGackt、加藤夏希も来た)
しかもみんな本当にガンダム好き!
お客さんの層も子供から大人、男性・女性ととても幅広くて、
ガンダムの人気の高さが伺えるものでした。

「これからもガンダムは40周年、50周年と永遠に世界中で愛され続けるのではないでしょうか。」

そう感じながら家路に向かったのでありました。

2009/07/30 | ガンダム | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
ガンダムイベントに行ってきました(その3)
さてさて昨日の続きでイベントステージのお話ですね。

これから始まるステージは「ガンダム大好き!有名人大集合」という内容で
ミッチーや千原せいじ、森口博子に若井おさむ等々メンバーによるガンダムトークです。
なんと心理学の富田隆さんも登場、心理学的から見たガンダムのお話も聞けて興味深かったです。

しかし喜屋武ちあきの衣装は凄かった。この子何でもやるな・・・(^^;)

トーク内容は印象に残ったシーンや、私とガンダムの出会いなどとても面白いトークでした
アメトークのガンダム芸人集合のノリです。もうみんな本当にガンダム好きだなぁって感じで。

喜屋武ちあきが「時間よとまれ」の回が、普通の兵士のお話で印象に残ったと言ってました
私も子供の時はモビルスーツも殆ど登場しなくて、つまらん話だなぁって思っていましたが
大人になって改めて観てみると、ヒューマンドラマというか心打たれる話で
こんな良い話が30年前のアニメで作られていたのか!!と改めて感動しました。
あと「ククルス・ドアンの島」も同様です。

最後に新事実が!!
初日にミッチーが「何故フラウ・ボゥだけ生足なのか?」を富野監督に確認した所、
塗り間違いが公式になっちゃったそうです。
私の心の中のへぇボタン連打

gundam7
1/1ザクヘッド (右の黒い服を着た男性との大きさ比較をごらんください)


そしてお次のステージは「再開!アムロ・シャア・ララァ」です!
なーんと古谷徹さん池田秀一さん藩恵子さんの登場ですよっ!!うおーっすげーっ!
当時の裏話なんかも聞けたりして面白かったです。
池田さんは始め声優はやりたくなかった話とか(当初は古谷さんがシャア役の予定だったそうですよ!)
藩さんがテキサスコロニーでのシーンで「大佐が私の心に触った感じなんです」
という台詞を「大佐が私の胸に触った・・」という言い間違いをしてしまった話は笑えました。

最後はララァがシャアをかばってアムロに殺されてしまうシーンの、生アフレコをやっていただいて超感動です!!
まだまだこれからも、声優活動頑張っていただきたいものです。


そして最後のステージイベントは「GUNDAM SONGS フェスティバル」と題した豪華アーティストによるライブステージです!

この最高にカッコ良かったライブのお話はまた明日にします(コラーっ引っ張り過ぎだろ!)


2009/07/29 | ガンダム | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
ガンダムイベントに行ってきました(その2)
ガンダムイベントの続き行きまーーす(^o^)

軽くお昼を食べてメインゾーンに行って、まずはミュージアムゾーンへと。
ここは当時の台本や設定資料、実際に使われたセル画等が展示されていました。
尚、このゾーンは撮影禁止なので、私の話だけで想像してください。

今では当然のごとく「ガンダム」という名前ですが、当時の企画段階での仮称は「ガンボーイ」で進められていて、そのガンボーイのデザインも展示されてましたが・・一言で言うと「コレじゃなくて良かった」(^^;)

次にキャラクターのデザイン案を見てみると、ブライトはほぼそのままの感じでした。
笑えたのはギレン風のキャラで、ジオン帝国(軍ではなくて)のジオン星人(!?)という設定。
そしてジオン星人は体毛が無いそうです( ̄□ ̄)この時すでにギレンの眉毛が無いのは決まっていたのか・・。

あとは当時の視聴率がグラフ化されていて、最初の放送の時は一桁だったのが
再放送からじわじわと上がっていって、劇場板公開前の再放送時はなんと20%を超えていたそうです。私もこの視聴率に思いっきり貢献していましたわ(歳が・・)

gundam6
違うスペースにあった巨大ジオラマ。1m50cmぐらいのザクとガンダム

隣のコーナ-ではガンダム芸人のお宝グッズが展示されていて、土田専用ザクもありました(^^)
あと若井おさむのネタの時に使う、手作りのV作戦マニュアルやヘルメット等、見ていて涙をさそいました。

そして感動したのは、実際に使用されたセル画の展示です!サンライズからお借りしてきたそうですが、相当な数がありましたよ。アニメはコンピューターで作られている今ではこれは貴重ですね~。



そうこうしている間に、イベントステージが騒がしくなってきましたよ。
どうやら何か始まるみたいです。

そのステージの模様はまた明日にしまーす。お楽しみに~(引っ張るなぁ)
2009/07/28 | ガンダム | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑