ARIAアバルト500製作記(その6)
いや~こっちの方は凄い雪が降りましたよ。
スタッドレスタイヤにしておいて良かった~。

さて今日はサイドウインドウを修正しましょう。

今年の5月のホビーショーでフィアット500の試作品が初展示されていましたが
そのときにまず思ったのが「サイドウインドウの高さが狭いな」という事でした。
結局製品版でもそのままで発売されてしまいましたけどね。
で、今回の製作ではそのままでは満足出来ない為、やっぱり修正しちゃいましょう。

aria13

現状の枠の下ラインに黒マジックで線を引いておきます。
ここまで削ってようやく実車と同じようにAピラーの付け根のラインと揃う高さなんです。
かなり違ってますよね・・。

で、おりゃ~~っと平ヤスリで削りたおします(>_<)シ

aria14
削りました~。

どうでしょうか、かなり高さ方向が広くなってキュートな感じになりました。
この画像では作業前ですが、Bピラー下の段差も下端ラインに合わせて削ります。

この後は無くなってしまったミゾを下に掘らなくてはいけません。
テンプレートをあてて直線になるように慎重に掘っていきましょう。


今日はここまでですね。
明日は問題のフロントバンパーにいきましょう!
スポンサーサイト
2009/12/21 | ARIAアバルト500(放置) | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |