スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
タユタマRX-7製作記(その5)
さて痛プラGPの全容も発表されたことですし、タユタマRX-7を早く完成させたいですね~。
今回はペーパー掛けとコンパウンド仕上げといきましょう。

まずはタミヤのペーパーにてクリアー吹きで柚状になった表面をならしていきます。
途中で中研ぎをやっていますが、やっぱり表面は荒れてきますね。
私の場合は1200→1500→2000と掛けています。
1200は表面が荒いときにガシガシ削れるのでやっていて楽しいです(^^)
でもやりすぎる場合が多くてカドを出す事しばしば・・。
2000はやったりやらなかったりそのときの表面の状態で決めています。
RX7-11
ペーパー掛け終了。表面はなめらか、ただ蛍光灯はぼんやり。

そして次はコンパウンドで磨いていきます。
使用するのはタミヤの荒目→細目→仕上げ目の順番。
時間をかけてじっくりと磨きます。焦ると大体ろくな事がないもんです。
RX7-12荒目終了。蛍光灯が映りこみ出しました。

そして最後の仕上げ目まで完了したのがコチラ!

RX7-14
タミヤコンパウンドの文字がくっきりと映っています。
(ホワイトのボディカラーではちょっと写真ではわかりにくいかな?)

RX7-13
窓のカーテンも綺麗にくっきりと(´∇`)

私の場合この作業は気持ちに余裕のある、休みの日の半日ぐらいかけて行います。
BGMにはアニソンを(^^)途中に休憩を入れてゲームをしたりして、じっくりのんびりとやっています。




え、えーっと実はですね・・(^^;)

コンパウンドも完了してそろそろゴールが見えて来たような感じですが、
少しミスってしまい今はそのリカバリーをしております。
窓枠をマスキングして黒スプレーを吹いた後、
剥がしたテープに一部クリアーを持っていかれました(T_T)

現在リカバリー中でして少し完成が伸びそうなので(トホホ)
その間痛プラGP参加キットに手をつけることにしまーす。




スポンサーサイト
2009/06/30 | タユタマRX-7 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
コメント
こんばんわ。

車体の艶が、とてもいい感じに出てますね~。
心なしか、ルーフに描かれたキャラの表情が、活き活きしてる様に感じます。

>剥がしたテープに一部クリアーを持っていかれました(T_T)
塗料漏れ等の、テープに関するトラブルは私もよくあります。
気を付けてる筈だけど、なぜか何処かしら漏れがあったり…。
とは言えリカバリー出来る部分ですし、気長に行きましょう!
2009/07/01 23:17 | URL | B4DRiVER #LkZag.iM [編集] | page top↑
>B4さん

今回はなかなか良い感じの艶になり満足しております(^^)

しかしまさかここにきて失敗をするとは・・
リカバリーを始めたら毎日雨で湿気が凄くて、クリアーが吹けない状態に(TOT)
まあ楽しみにしている(!?)みんなには申し訳ないけど、時間をかけてじっくりやりますわ。
2009/07/01 23:35 | URL | saba32 #- [編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。