AIR 雨宮FC3S製作記(その26)
今日から小物に手をつけてスパートかけていきましょう。

まずはリアのブレーキライトから。

air57
キットの状態はクリアーレッドのパーツとなっています。
ライト廻りは黒で縁取りがされているので、それを再現しましょう。

このパーツのように凹みや角がキッチリとモールドされているので
マジック(ガンダムマーカー極細)で境界線のラインを引いておきます。
筆塗りよりマジックの方が直線がキレイに引けますからね。
そしてラインからはみ出さないように油性の黒マジックで縁取りを塗りつぶしました。

air58
塗りました~。この後はバックランプやウインカーレンズを取り付けます。


その他には、後期型の特徴のハイマウントストップランプを作りましょう。
このキットには残念ながらそれが再現されていないんですよね。
既に下地段階でボディに穴は開けてあるので、
クリアーレッドのランナーのタブを使ってパーツの方を作ります

air59
出来ました~。削ってはボディの穴に合わせ、削っては穴に合わせの繰り返しで
ようやくピッタリ納まる大きさになりました(^^)/


さあ、いよいよ完成が近づいてきましたよ!
スポンサーサイト
2010/04/29 | AIR 雨宮FC3S | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |