スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
かんなぎコペン製作記(その13)
コペンはオープン状態にしますので、内装はアピールポイントです。

copen23
内装全体にタミヤスプレーのガンシップグレイを吹きました。

そして今回はエアコン部のマークやボタンの文字などを
エナメルのフラットホワイトで表現しました。
めちゃめちゃ細い新品の面相筆を使って、ちょんと色を置く感じで。
こうするとリアリティがアップするので
オープンカーの時はやっておきたい作業ですね。
スポンサーサイト
2010/07/07 | かんなぎコペン | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
コメント
オープンカーは車内塗装やディテールアップは気合いが入りますよね。痛プラGPは力作が多いですよね。話は変わりますが、近所の模型屋のスケールモデルコンテストに「プラモのモ子ちゃん」の田宮のクイックデリバリーバンを出展しました、昨年は初音ミク34GTRはかなり注目されてました、回りがミリタリーやレーシングカーなのに唯一痛車でしたからね(汗)
2010/07/07 17:17 | URL | ぽるナズン #/I6ykovo [編集] | page top↑
>ぽるナズンさん

オープンカーは内装も外装の一部ですからね~。
今回はキチッと仕上げていこうと思います。

それにしても痛車.netのやる気なさが残念だ・・。

最近は模型屋のコンテストでも痛車を出す人が増えてきましたね。
ただ、なんとなくブームはしぼみつつあるのかなぁと感じています・・。
2010/07/07 23:19 | URL | saba32 #- [編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。