スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
かんなぎコペン製作記(その29)
毎日暑すぎ・・。

今日はフロントウインドウを。
copen58
このウインドウのクリアーパーツには必ず両サイド斜めにヴェルドラインが入っています。
たぶん製造の過程でどうしても入ってしまうんでしょうが
目立つ箇所なのでこれはちょっといただけませんね。

なのでこのラインを消してしまいます。

copen59
タミヤのペーパーの1500から始めて、2000番を続けて掛けました。
そしてタミヤコンパウンドを3種類共使って磨いたのがこの状態です。
上の方はまだ少しラインが残っていますが、中間から下は消えました。
この後もう一度コンパウンドを掛けたらすべて消えましたよ。

リアウインドウとかならまだしも、フロントウインドウは綺麗にしたいものですね。
しかしクリアーパーツを扱うのはホント気を使いますわ。
スポンサーサイト
2010/07/23 | かんなぎコペン | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
コメント
確かにクリアパーツの扱いは大変ですよね、ランナーからの切り離しや接着や小さなレンズ類は特にピーン!と飛ばさないように気を使います・・・飛ばして探し当てたときは嬉しいのですけどね・・・
2010/07/24 16:58 | URL | ぽるナズン #/I6ykovo [編集] | page top↑
>ぽるナズンさん

クリアーパーツはライト内のバルブなんかもパーツ化されているのがありますからね。
ほんと切り出しから接着まで全てに気を使いますね。
2010/07/24 22:51 | URL | saba32 #- [編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。