スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
アオシマ コペン
今回はアオシマのコペンを紹介しましょう。キットはノーマルグレードの方を製作しました。
このキットはコペンならではのお茶碗をひっくりかえしたようなスタイリングも良く再現されています。
おおむね良いキットですが少し不満もありましたので、そこは手を加えています。
cop1
ちょこんとした佇まいがなんともかわいいですね~。

本来フロントグリルはノーマルグレードのキットには実車オプション設定のグリルしか入っていません。モケ友からアルティメットエディションに入っているグリルをもらって付けています。

フロントライト内はメッキパーツなので雰囲気が出ていますが、そのパーツ一つだけなので
ライトパーツとして、できればクリアパーツで再現して欲しかった。

cop2
垂れたリアもかわいいですね~(たれぱんだ?)

前後バンパーは別パーツですが、ボディと合いが悪いのはアオシマの仕様なんでしょうか?
このコペンも同様にバンパーの方が広がってました(^^;)

ブレーキランプカバーはクリアーレッドのパーツが用意されてましたが
ハイマウントストップランプが塗装指示だったので、
こちらもクリアーレッドのパーツにしてほしかった。

アンテナは24倍したら野球のバットぐらいに太かったので洋白線に変えてあります。
あとウインドディフレクター(ロールバーの間にある風よけ)はクリアーパーツの断面が厚くてリアリティに欠けていたのでコンビニ弁当の蓋にて再現しました。

cop3

インテリアは主に塗り分けで表現しています。
空調スイッチの文字等は面相筆でちょんちょんと置いてそのように見せています。
追加したのはシートベルトをスタジオ27製に。あとフロアマットを100均のフェルトで再現しました。
オープンカーの内装はボディと同じ位見えるので気合いが入ります!

<まとめ>
ダイハツから発売されたメタルトップオープン&2シーター&直4ターボと盛りだくさんの魅力をもったKカーがコペンです。
こんな凄い車を出せるのは日本だけなんじゃないだろうか?メルセデスやBMWのエンジニアはビックリしたに違いないと思う。
カタログを見ると職人さんが手作業で組み立てられている写真が載っています。
今の時代でこの様な作り手の情熱が伝わってくる車も珍しくなりました。
こういう車は台数は売れないでしょうが、いつまでも作り続けてほしいですね。

そんなコペンのアオシマキットはなかなか好印象でした。
が、皆さんが少し手を加える事でより一層かわいらしくてカッコいいコペンに仕上がると思います。
ボディカラーで楽しんでもいいですし、内装をスパルタンな仕様にしても面白いですね。
今はバリエーションキットも出ていますのでそちらもチェックしてみては?





スポンサーサイト
2009/07/18 | カープラモ展示室 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
コメント
こんばんわ!
おおっ!これもまた丁寧に制作されていて
実車のような雰囲気がたまらない作品ですね♪
グリーンのボディとタン内装が非常にカッコイイですし
ツボを押えた的確なディティールアップが完成度を上げていますね^^

私もバリエーションキットのD-SPORT仕様を制作したことがあります。
基本的には良く出来たキットだと思うのですが
saba32さんと同じような点が気になりました(´・ω・`)

手間のかかる工程であまり利益の出ない車種だそうですが
世界に誇れる日本の車だと思うのでこれからも末永く作り続けて欲しい一台です♪
2009/07/18 00:24 | URL | HITEQJASMINE #- [編集] | page top↑
>HITEQさん

ありがとうございます。
実はこのコペンは展示会用に作った物でして、それもあって気合いを入れて製作しました。
なので、普段はやらない様な事もやってしまっています。

キットは実車のかわいらしさを上手く再現していると思います。
ただツッコミ所が多少あるのが残念。まあフジミキットもそうなんですけど
そこを自分なりに改造していくのもプラモの楽しみ方でもありますよね(そういう風に考えられるようになったのは最近ですが)
2009/07/18 23:26 | URL | saba32 #- [編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。