ミクポルシェ製作記(その38)
幕張で開催している模型ホビーショーでなんとフジミから
現行型 ミクZ4のモックアップが展示されてます!
うぉ~!絶対買うぜっ!・・でもまた色々と残念な事があるんだろうなぁ(^^;)

そしてSUPER GTではまたミクZ4が予選トップで最終戦に挑みますね。
ぜひシリーズチャンピオンになってほしい!


で、念を送りながら今回の記事を書きます(>o<)ノ
今回はボディの研ぎだしを。
展示会などでも良く聞かれるのが、使用するクリアーは何を使ってますか?
という事なんですが、私はいつもクレオスの缶スプレー「Mr.スーパークリアー光沢」を使います。
研ぎだした後のツヤが良いので最近はこればっかりですね。

最初はよく言われる様に薄~く吹いて
間隔をおいてだんだんと吹く量を多くしていき
最終的には垂れる寸前にどばぁっと吹きます。
こんな感じで多分今回は6回ぐらい吹いたかな。

で、今回は乾燥期間を3週間ぐらいとったので研ぎだしに入ります。
まずはペーパーの1000番でデカールと塗装の段差を削ります。
なんせ1000番なので大胆かつ慎重に作業することを心がけてね。
miku110
完全につや消し状態です。
この時にとにかくツヤのある箇所を無くしておきましょう。
そこは最終的に段差になってしまいますから。

あとは順番に1200番→1500番とかけていきます。
なるべる磨きキズを消していくようなイメージで磨く方向を変えたりしてやっていきます。


その次は私の頼れる相棒「ラプロス」で磨きます。

水をつけて6000番→8000番と磨いていきます。
もう6000番のときは「もうこれでもか!」というぐらいに何回も磨きました。
テレビ見ながらとか寝転びながらとか(^^)
以前タミヤのコンパウンドを使っていたときは細目でもカドが出たりしたときがありましたが
ラプロスのこの番号ならばカドだしなどのトラブルはまず無いと思いますので
こんなふざけた体勢でも大丈夫です。

この時点でかなりの映り込みが確認できるぐらいになります。
そして8000番で仕上げる感じで磨いて完了です。
miku111
カーテンがキレイに映り込みます。ウットリ。
スポンサーサイト
2011/10/16 | ミクポルシェ | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
コメント
おおおっ!出ました「ラプロス」♪
やっぱりこれでしょう~結局何度も使用できるので経済的だし、何しろ仕上がりが違いますよ!
これからも、ドンドンお勧めしたいと思います。(でもsabaさんくらい丁寧に処理しないとここまで光らないのですが・・・)
2011/10/16 00:17 | URL | のりを #- [編集] | page top↑
おおっ!!

綺麗に映り込んでます!!
ここまではなかなかできません・・・

もう、自分のがイヤになっちゃいます・・・
2011/10/17 01:44 | URL | みたらし #- [編集] | page top↑
>のりをさん

今回のミクポルシェはとにかく色々苦労しているので
最高にキレイに仕上げたかったのもあり、
ラプロスにかけた時間は相当な時間でしたね。
途中で休憩を入れたりTV見ながらとか・・。
おかげでとってもキレイな表面になりましたよ。
2011/10/17 23:13 | URL | saba32 #- [編集] | page top↑
>みたらしさん

磨いてる時間をかければ出来ますよ!
あとはペーパーの段階で怖がらずにしっかりと平にするとか。

2011/10/17 23:15 | URL | saba32 #- [編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |