DTMザルツギッターCクラス製作記(その7)
やっぱラピュタいいなぁ。


さてシャーシと内装も完成したのでそれを組み上げて
今回はホイールを。

c19
このホイールパーツは表側と裏側に分かれていて
中にブレーキを挟んで接着するという国産キットでは無いやり方をしています。

で、ホイールは白の設定なのに
なぜか表側にメッキパーツをつかっていてるという。このメッキ要らないよ。

c20
なのでいつものようにキッチンハイターでメッキを落としました。
メッキを落とした表面がテカテカしていて
ほんとのホイールの表面のようなツヤがでていたので
塗装をしないでそのままで行く事にしました。手抜きじゃないよ(^^)

センターをゴールドで塗って、ナットをグレーで色を置いています。

c21
そしてシャーシにはめ込みました。イイね!

ちなみにタイヤなんですけど、これも国産キットとはちょっと違う感触のゴムで
なんていうかプラスチックに近い固さをした素材でした。
なので少しテカりが強い印象ですね。
スポンサーサイト
2011/12/10 | DTMザルツCクラス | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
コメント
ホイールから、チラリと除くブレーキが、カッコいいですよね♪

自分はホイールとブレーキを合わせては、いつもニヤニヤしています(爆
2011/12/12 20:02 | URL | ケンザウルス #9OevVzMA [編集] | page top↑
>ケンザウルスさん

ブレーキをカッコ良く仕上げても、シャーシにセットしてホイールをはめると
ブレーキが奥まっていて暗くなって見えないというのが良くありますよね(フジミやアオシマに多い)
実車ではあんなに奥まっている車は無いのにおかしいなー。
2011/12/15 23:20 | URL | saba32 #- [編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |