スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
DTMザルツギッターCクラス製作記(その9)
今回の考察はあくまでも私の体験でして「チラシの裏」程度で読んでみてください。


過去の作品に何回かあったのですが、
タミヤコンパウンドやクレオスの液体コンパウンドを使い
研ぎだしを頑張ってピカピカの鏡面仕上げにしても
数日後に表面を見たら「デカールの辺りのみ」がやんわりと柚肌になっていた・・
という事がありました。

この「デカールの辺りのみ」というのがポイントで
その他の塗装部分は問題無く鏡面仕上げのままでした。
ここ最近はクリアー乾燥期間も2~3週間ほどとっているので十分だとは思うのですが。
使っているクリアーはクレオスのスーパークリアー缶スプレーです。

普通の塗装部分は問題が無いということを考えると
・ボディカラー部とクリアーの乾燥期間では無い
・デカール貼りからクリアー吹きまでの期間か?
・クリアー吹きから研ぎだしまでの乾燥期間か?
・デカール部とコンパウンドの相性か?
等々いろいろ考えてみました。

そんな中で自分ではデカールとコンパウンドの相性説を注目してみました。
「研ぎ出しで薄くなったクリアー層を通して
コンパウンドの成分がデカール面と反応して表面が柚肌になっていく・・」というような。

で、注目すべき商品をタムタムで見つけました!
c26
「プラスチックみがき~!」ネコ型ロボット風に。
何かすげー金掛かってない同人的な感じですが(400円ぐらい)
プラスチックの汚れを取り、小さなキズも取ります。と書いてあります。

ラプロスの8000番まで磨いた表面はまだうっすらくもりがありますので
コンパウンドで磨く代わりに、このプラスチックみがきで磨いてみましょう。

c27
どうですか!キレイに部屋の蛍光灯が映り込んでいますよね!
そしてこれは昨日撮った写真で、磨いてから約1ヶ月ぐらい経っている状態なんです。
デカール部も同様に鏡面になっていて、今までの柚肌問題はありませんでした。

ちなみに夏~秋にかけて作ったミクポルシェもこの布を使いましたが
今でもキレイな鏡面仕上げを保っております。

やるぜ!「プラスチックみがき」
ただ、この布はものすごい肌にくる素材で
使ったあとは指先の水分が吸い取られている感じで感覚がおかしくなります。
肌の弱い人は手袋をしてやったほうが良さそう。


原因はやっぱりコンパウンドとデカールとの相性だったのでしょうか?
まだハッキリとしたことは不明ですが、
この布を使ったら問題無かったということはやはり・・。

これからも鏡面を追い続けていろいろと考察していきましょうか。
スポンサーサイト
2011/12/16 | DTMザルツCクラス | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
コメント
おおっ!KOYO製ポリマールでしたか!!
各金属、プラ用があって結構重宝しますよね~しかし、コンパウンドの段階でご使用とは!?驚きです。
ワックス成分が入っているので、最終段階で全体をひと磨き♪みたいな使い方をしてました。
今度、試してみよおっと♪有難うございますぅ~
2011/12/16 22:14 | URL | のりを #hZgmgLGo [編集] | page top↑
>のりをさん

おっ、この商品知ってましたか。ちゃんとしたパッケージに入ったバージョンもあるみたいですね。

磨くとツヤが出るということなので、これで磨いて最終処理としてみました。
今のところ表面の劣化もないですし問題無さそうですね。

ただあの布の触った感じが馴染めない・・。
2011/12/18 08:25 | URL | saba32 #- [編集] | page top↑
このようなアイテムがあるとは! とても参考になります♪

今度見つけたら、買ってみようと思います♪♪
2011/12/20 22:11 | URL | ケンザウルス #9OevVzMA [編集] | page top↑
>ケンザウルスさん

このプラスチックみがき模型用という訳ではないので
どこ店にもおいてあるものでも無いんですよね。

2011/12/24 08:58 | URL | saba32 #- [編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。