スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
ひだまりオデッセイ製作記(その10)
さて、痛プラGPの参加作品ですが予想通り、お盆明けから毎日のように新エントリーがされています。
中には「むぅ~」と唸る出来の作品もあり、締め切りまで後僅かですが
更なる凄い作品が来る予感がして、とても楽しみでーす。

私の方のひだまりオデッセイは、コンパウンド掛けが途中の段階なので、明日には紹介したいです。
今日は小物を仕上げてしまいましょう。まずはクリアーパーツから。
od28

オデッセイの特徴の一つ、ブルーのライトはクリアーブルーを塗りました。
この後に裏からメッキシルバーのシールを貼ります。
あと、ウインドパーツの黒フチは裏からマスキングをしてタミヤマーカーで塗っています。

次はフロントグリル。
od29

このパーツはメッキ処理されているので、エナメルのセミグロスブラックを全面に塗っておきます。
その後に綿棒にエナメルシンナーを含ませて、凸部分のブラックを拭き取ります。
そうすると凹部分にブラックが残るので、綺麗に仕上がります。
この時、綿棒はなるべく固くて、先のしっかりした物が良いみたいです。
先がぼわぼわの奴だと拭き取り時のトラブルの元になりかねません。

あとワイパー等の小物も塗装完了しております。

どうやら先が見えて来たようです。
前回のタユタマRX-7の時のような事がありませんように!
スポンサーサイト
2009/08/20 | ひだまりオデッセイ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。