スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
WUGちゃんの映画とRX−8のライトを自作
私の中の秋のアニメ映画シリーズ全5弾のついにラスト!
「劇場版 Wake Up Girls! 後編」を観てきました!
CIMG2374.jpg
パンフレットと特典の複製原画はみなみんだった。
今まで追いかけてきたWUGちゃんもこれで最後。うぅ・・。
μ'sやアイマスのようなビッググループではなく
「ワシが育てた!」感が自分の中では強かった作品だったので結構好きでした。

また続編か番外編でも良いのでアニメ化してほしいな。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そろそろラストに近づいた美波スピードRX-8。
金型改修前ということでボディ形状もアレでしたが
ライトユニットの形状も全くやる気ないんですよねぇ。

まずはリアから変更を。
本来はボディパーツと一体になっているリアライトユニットですが
そのままでは作業しにくいので切り離しておきました。
CIMG2226.jpg
全体にハセガワのミラーフィニッシュを貼ってフチを黒で塗ります。
このときミラー部にカッターで縦にあえてキズをつけて
乱反射しているようにするとリアルになります。
ウインカーや反射板、ブレーキはそれぞれクリアーオレンジやレッドで塗装。

実車では細い線のような形状の物が2本横に流れていますので
それは洋白線をライトグレーで塗ったものを曲げて再現しました。
左側はキットのままの状態で右側が作業後です。

CIMG2227.jpg
そしてユニットをはめ込んでクリアーパーツを接着した状態です。
うおぉ、実車に近くなったぁ!
クリアーパーツのフチは当然黒マーカーで縁取ってね。


そして問題はヘッドライトです。
これはリア以上にヤル気ない造形なんで骨が折れますが
クルマの顔の中でも重要な「目」ですからカッコ良くしてあげないと。
CIMG2222.jpg
今回は秘密兵器とでも言うべきハイキューパーツの
「エンドパイプ」と「ツインパイプ2」を買ってきました。

ガンダムのザクの動力パイプに使ったりするアフターパーツですが
これをプロジェクターヘッドライトのリングに使います。
CIMG2225.jpg
こちらもミラーフィニッシュを貼ってカッターでキズをつけてやって
エンドパイプの中に本来使うクリアーパーツのライトを挿入。

そしてプラ板で羽形状の何か?を2枚作り横に接着します。
ツインパイプは中央側側面に付けて完了です。

左側が作業後で右側がキット形状のパーツです。
ここまで来るのにかなり試行錯誤して時間が掛かりました・・。
それではボディに接着してみましょう。

CIMG2233.jpg
ぬおぉ!めっちゃ良いやん!!
かなり実車に近い雰囲気なのではないでしょうか!

最後にライトの形も変えてしまったのでキットのクリアーパーツは使えません。
CIMG2228.jpg
なので「コンビニ弁当のフタ」をカットしてライトカバーを作りました。
厚さも薄くてハサミで切り易いことや、入手のしやすさ(#^.^#)など
正攻法の透明プラ板を使うよりもコストパフォーマンスが良いかと思います。

カットした物をペンなどの丸い棒のようなのにあてがって
ボディ形状に合うようにカーブを作りフチを黒マジックで塗って完成です。
このパーツは納得出来る形状の物になるまで何枚も作りました・・。


予想はしていましたがライトパーツの修正はやっぱり大変でしたね。
けど自分ではとても満足度の高い状態のものが出来ましたので良しです!
スポンサーサイト
2015/12/13 | 美波スピードRX-8 | コメント(-) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。