スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
ガルパンシルビアにエポパテを盛った
この度の九州地方で地震に遭われた方に対し、お見舞い申し上げます。
私にも出来ることはしていこうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、先日から始めたガルパンシルビアですが
今回はパテ盛りを中心に進めました。
CIMG2797.jpg
まずはフロントバンパーです。
リップ状にするためにバンパー下にエポパテを追加しました。
あとオーバーフェンダーの先をサイドに作っています。
この段階ではだいたいの感じで多めに盛っておいて削って整えていく感じで。

バンパーサイドは元のエアロ形状の膨らみがあるので削って平に。
ここから更に実車では段落ちしているので削らないといけません。


CIMG2798.jpg
オーバーフェンダーはこんなもんだろうと思って作業したら盛り過ぎました。
写真を見ると実車はもっと控えめでしたので
これは乾燥したらかなり削らないといけませんね。


CIMG2799.jpg
リアサイドはエアダクトがあるブリスターフェンダーなので
トレーシングペーパーをあてがい型紙を作り、それを薄いプラ版に写して
厚めのプラ版をボディとの間に挟んでおいて接着しました。

なんかホイールアーチとかむっちゃ汚いね・・。


CIMG2800.jpg
リアバンパーのプラ版は上のラインだけを残して下の方をカットして
そこにパテを盛って絞り込みにしようと思います。
とりあえず今はガタガタですがこれから削って平にしていきましょう。

ちなみにコチラ側のフェンダーには給油口があるのでそこは抜いています。
トレーシングペーパーで形合わせしたときに
給油口の位置も合わせておいたのでそれなりにピッタリな位置にきました。


CIMG2805.jpg
最後にサイドステップですが、キットに付いているパーツを流用しました。
ドア前後の部分が上に長過ぎるので切って、そこの内部をえぐるようにカットしています。
本来はこのえぐる所はエアロパーツ内での段差なのですが
ヤスって表現しましたが形状にあまりメリハリがつかなかったので
ここはカットしてボディとエアロの段差で表現しようと思います。

で下部にはプラ棒を横に貼りインテーク形状にしました。
サイドステップ本体から緩い斜めで外側に出ていますので
ヤスリがけの作業は接着した根元を折らないように注意が必要でした。



今回でとりあえずパテを使う作業は完了したので、
これからはそれを削ったりなだらかにしたりする作業になります。
たぶんリューターが大活躍するでしょうね。

それでは下地作業完了へ向けて「パンツァー・フォー!」←毎回言うと思う(*^_^*)
スポンサーサイト
2016/04/17 | ガルパンS14シルビア | コメント(-) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。