スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
ツヤツヤ作戦でしたよ
先週会社で流れているFMラジオで突然「準備はいいんかね!!」と
マクロスΔのEDがかかって「えぇ」となったわ。
で、その後フレイア役の鈴木みのりさんのインタビューも流れて
愛知県出身とか三河弁でやらしてもらっている話とかしてました。
ちなみにこのFM局はA◯Bやジャ◯ーズは流さないシャレた局です。

ゴリゴリ〜(o´з`o)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フジミのラブライブ!マクラーレンのデカール間違いが発表されましたね。
ちっこいスポンサーロゴくらいならまぁ良いかと思えますが
LOVE LIVE!の文字が間違えてちゃまずいよね。

そのまま貼るとLOVEELIVE!になっちゃうみたい。あちゃー。
まだ買ってないのだけど買って修正版を請求するか
ちょっと待ってたら修正版が封入されて発売されるのかな?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ガルパンシルビアはデカール貼りが終わってますので
その後のクリアー吹きからですね。

私はだいたいデカールを貼ってから乾燥期間を1週間くらいとってます。
そんなにとらなくても良いとは思いますが
後々中に残ってった水分とかが悪さされると困るので。

で、クリアーはいつものクレオス缶スプレー「スーパークリアーつやあり」です。
3日くらいに分けて1日目はサッと表面にのる程度。
2日目はちょっとのる程度で3日目はドバッと吹きます。

その後1週間くらい乾燥させて中研ぎをします。
最近はこの中研ぎを必ずやっています。
これをやると仕上がりのツヤが安定するというか
深みが増す感じが個人的にする・・ような。
中研ぎはデカールの段差を消していき、
その他の面もゆず肌状になっているので平にします。
このときのペーパーは1000番でガリガリと削っていきます。

中研ぎが終わればまたクリアーをドバーっと吹いて仕上げに備えて1週間くらい乾燥。

乾燥が終わったら1200番→1500番→2000番とペーパーを掛けていきます。
その後はクレオスのラプロスの6000番→8000番を掛けて研ぎだし完了です!
CIMG2848.jpg
部屋のカーテンの映り込み〜って分かりにくいね。

今回は行程をちょと詳しく説明してみました。
これが私の今のスタンダードです。
当然この通りにやらなくてはいけないという事ではありませんので
あくまで参考に〜。


それでは次回の内装&シャーシにむけて「パンツァー・フォー!」
スポンサーサイト
2016/06/05 | ガルパンS14シルビア | コメント(-) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。