内装なんて飾りです!偉い人には以下略
フジミのブログでAMG GTのCAD画像が出てましたね。
商品化出来るかは未定とのことですが、多分ミクさんとして出るのでしょう。
私が前に予想してたミクさんGT車両を途絶えさせないつもりですね。
そしてまた来年違う車種に変えたらフジミ涙目やね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ボディの研ぎだしまで終わったガルパンシルビア。
今回はシャーシと内装をパパッと紹介しましょう。
って、作業はぜんぜんパパッといかなかったんだけど。

まずはシャーシですが、この時代のフジミキットにありがちな
グラベル仕様並みの車高の高さなので、そこを修正します。
CIMG2841.jpg
フロントサスのバネ上を二巻きくらいカット。
この時に根元に軸を作っておきます。
で、下側になるアームの穴にプラ版をあてて穴を開けて完了。


CIMG2840.jpg
リアも同じようにバネをカットしておいて、
フレーム中央付近のシャーシと干渉するパーツをカットします。
結構ざっくりでも問題ナシ。裏返して見ませんから(#^.^#)
これでシャーシは完成ですね。


大変だったのは内装でした。
さすがにD1車両の外観で内装はノーマルのままではいただけないので
ジャンクパーツからタミヤのカルソニックR32GT-Rの内装を移植しようと。
サイズや雰囲気も合ってるかな〜と思い←これが間違いでした
CIMG2845_20160612045156121.jpg
ところがやってみるとシャーシと内装が干渉しまくりで
ホイールハウスの辺やドライブシャフトの出っ張りなど
どこでどう当たってるのか全く分からない・・。
幅も足りてないので切り込みを入れて無理やり広げてます。
高さも高いのでロールバー下側を全部カットして詰めたり。

削ってははめて削ってははめての繰り返しでようやくクリア。
内装なんで完成してもあんまりはっきり見えないので、なんとかごまかせていますが
結構やっつけな感じになっちゃいました(。-_-。)

まぁ雰囲気ですよ。そもそもD1仕様の内装を用意していないのが悪いんやo(`ω´ )o


とりあえずシャーシと内装は完成しましたので次回で最終回としましょう。
ラストはガーッと進めましたのでほとんど写真撮ってないですが・・。

それでは完成に向けて「パンツァー・フォー!」
スポンサーサイト
2016/06/12 | ガルパンS14シルビア | コメント(-) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |